有馬に行ってきたであります。①(微妙に駄洒落)

本日は、ここにて旅行記を公開しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィジーについてのあれやこれや。(歴史編2)

こんにちは、3回表にも関わらず7-0と大きく突き放されてとっても切ないぴこらです。
あ、言い忘れましたが勿論阪神ー中日戦のことね。
ブログの更新を試合開始の2時までに終わらせた私の努力はどうなるのですか。
という訳で、試合は横目で見つつさらにブログを更新させることにします。
#つまりは暇人ということで。

今日のお題は、前々々回(だっけ)に引き続き
「フィジーの歴史について」である。

白檀の発見を契機として、ヨーロッパ人がフィジーに入植を始めたのは19世紀始めのこと。
1804年にはオヴァラウという小島に最初の居留地が建設された。
当初フィジーはアメリカの影響力の下にあったので、入植者はマサチューセッツ州はセイラムという土地の商人が多かったそうだ。

いったい、白人が太平洋諸島にひとたび接触・入植をはじめると、殆どの島々は同じような運命を辿ることとなる。
すなわち、
1.白人が持ち込んだ病気に拠る人口減少
2.これまた白人が持ち込んだ銃火器の導入に拠る首長間の抗争の激化
→その結果、強力な首長が出現
3.
・自らの統治力を確固としたものにしたい首長
・布教するにあたっては、統一政権が存在すれば容易であるという宣教師達の思惑
・太平洋諸島に影響力を及ぼしたいヨーロッパ諸国
→三者の思惑が一致してキリスト教に改宗した首長による統一政権発足
4.結果、ヨーロッパ諸国の統治下(或いは影響下)に入る

といった動きである。

我らがフィジーもまた同じ。
尤も、フィジーの場合は隣国トンガの外圧という要素もまた見逃せない。

トンガの場合、キリスト教に改宗したジョージ・トゥポウ1世が聖戦の名の下に1852年にトンガ全体を制圧した。
ヨーロッパ諸国より立憲君主制、また植民地化という手法を学んだトゥポウ1世はまずその触手をフィジーに伸ばす。
この時期のフィジーは、6つの王国が入り乱れての凄まじい抗争がバウ族のザコンバウ王による武力的制圧という形で終焉を迎えたところであった。
そこへ現れたのは前述のトゥポウ1世。
彼は自らフィジーに赴き、ザコンバウに自ら同様キリスト教に改宗することを勧めた。
その際の表向きのお勧めポイントは、恐らく、(自らの体験を基にした)キリスト教による統治の容易さ、改宗することによってヨーロッパ諸国に対して武力等の援助の求めを得やすくなることなどではなかったかと思われる。
(この件、どこにも記述がなかったのであくまで私の推測です)

しかしトゥポウ1世の狙いは別にあった。
即ち、首長をキリスト教化→フィジー全体をキリスト教化することにより、先んじてキリスト教化したトンガの影響力をフィジーに及ぼし、最終的にはフィジーを併合してしまおうというものであった。
実際、ザコンバウの改宗に成功した彼は、この後キリスト教徒保護を名目として数次にわたりフィジーへの介入を行っている。
しかしながら、結局アメリカやイギリスの反発、及びフィジーの抵抗も相まって彼の野望は虚しく潰えた。

この時期、さらにイギリスもフィジーに触手を伸ばす。
1858年、イギリスは彼の地に領事を任命した。
このままいくとアメリカとイギリスはあわやフィジーを巡って一発触発!
したのかもしれないが、アメリカは1861年から勃発した南北戦争で弱体化してフィジーどころではなくなってしまった。
以後、フィジーはイギリスの影響下に入ることになる。

1871年、ザコンバウは全フィジーの統一に成功し、君主制憲法を採択してフィジー国王となった。
しかし、この時既に政治の実権は数人のイギリス人に握られ、また議会と行政府は対立しており、ザコンバウが統一国家としてフィジーを運営することは事実上不可能であった。
窮したザコンバウはドイツに保護を求めるが拒否される。
結局、1874年10月10日にザコンバウは領土をイギリスに割譲。
フィジーは正式にイギリス植民地となった。

さて、植民地化される前から、他の島々の御多分に洩れず、フィジーでも様々な大農園の経営が試みられていた。
南北戦争で綿の不足が深刻になった頃には綿花の栽培が盛んに行われ、かなりの収益を上げたが、戦争が終わり好景気が過ぎ去った後にはコーヒーやカカオの栽培が試されるなどと、試行錯誤が続いていたらしい。
しかし、1872年にサトウキビの栽培が始まると、瞬く間にフィジー全土はサトウキビプランテーションと化することになる。
そこで問題となったのは労働力である。
地元フィジー人は長年に渡る内戦や疫病のお陰で人口そのものが減少していたし、そもそも、性情がサトウキビ栽培やサトウ精製の労働に全く向いておらず労働力としては殆ど期待できなかった。
そこでイギリス政府はインド政府と交渉のすえ、インドから契約労働者を導入するに至った。
以後、1879年の導入開始から1916年の廃止までに実に6万人ものインド人がフィジー入りすることになる。
そのうち、実に半分の人々は契約終了後もフィジーに留まることを選んだため、制度廃止後もインド系人は増え続け、今現在もフィジーの人口構成のうち43.5%を占めるに至っている。(土着系フィジー人は50.7%)
このことが現在に至る政治紛争の種となっている。(後述)

このようにフィジーはイギリスの重要なサトウ・プランテーションとなったが、同時に太平洋の交通路の交差する地点に位置することから戦略的にも非常に重要な意味を持つに至った。
1939年、第二次世界大戦が勃発すると同時にイギリスはフィジーの自衛隊を増員、拡張している。

2年後の1941年、太平洋戦争が勃発。
南太平洋にも戦線が拡大すると、フィジーも連合国側の一員としてソロモン諸島を中心に戦線に参加している。

大戦が終わった1945年から後も、引き続きイギリスの支配は続いたが1970年、ついにフィジー自治国としてイギリスから独立を果たし、30番目のイギリス連邦加盟国となる。
初代首相にはフィジー人ラトゥ・サー・カミセセ・ラマが就任。
1972年には初の総選挙が行われ、フィジー人政党の「同盟党」が政権を握った。

さて、ここまではめでたしめでたしなお話なのであるが…
ここから前述した土着フィジー人と移民インド人の政治的確執が始まるのである。

それはまた次回書かせていただくことにします。
(肩凝りました)

#しかし、フィジーの歴史ってネットを調べてもあまり出てこないものですね。
今回はかなり手こずりました…

| | トラックバック (0)

フィジーについてのあれやこれや。(歴史編1)

こんにちは。
来週はウィークデイがたったの3日なことに加え、そのウィークデイの間、先生はずっと他大学での集中講義に行かれるので、ゆっくりのびのび仕事ができそうで密かに大喜びしているぴこらです。

教授秘書のお仕事というものは、
(特に色んなプロジェクトを抱えているうちの先生の下で働いている場合)
各種手続きや書類作成、他先生方への連絡など先生とは独自に動かねばならない類のものが非常に多いのである。

最近、そういった種類の仕事が増えてきたのでしっかり集中してこなそう!
と思っていたのであるが、厄介なことに敵は内にいた。
そう、その正体は誰あろう、何故だか知らないがこの授業がない夏休み期間であっても
きっかり10時には研究室にお越しになる我らが先生である。

「ぴこらさんぴこらさん、どこどこに電話かけてー」
「ぴこらさんぴこらさん、あのファイル隠したでしょ?どこいったか探してー」
#この「隠したでしょ?」は先生の口癖である。
そんな一文の得にもならんもん隠すかっちゅうねん。
「ぴこらさんぴこらさん、なんだか眠くなってきましたからコーヒー入れてー」
「ぴこらさんぴこらさん、そういえばこの前ね(以下雑談)」

そのうち、隙をみて椅子に括り付けてガムテープでお口を塞いじまおうか、と画策する今日この頃である。

ま、何はともあれ、前述の如く来週は3日とも先生がいらっしゃらないので少しは仕事が捗りそうである。
#ヘンな話だけど。

さて。

来月10月1日より、私は遅めの夏休みをとって南太平洋はフィジーに行くのである。
予約した時期こそ早いのだが、実のところ私はフィジーについて殆ど何も知らない。

「…へえ、ぴこらさんフィジーに行くんだ。フィジーってどこにあんの?」
という問いくらいにならば答えられるのだが、
(簡単な絵をかいて、ここがオーストラリアで、ここが南米大陸で、…そうそうここらへんの南太平洋に浮かんでいる小さい島ですよ、といった程度だが)
よく考えてみりゃ、地理以外の詳しいことはぜんぜん知らないのである。

それだけならばまだしも、気づけば己の旅行の出発時刻に所要時間、旅行全体のスケジュールすら確認していなかった。
これはいけない。
年に一度の南の島へのHIDEAWAYなのに、出発日が迫ってきた今になってさえもこんなに無関心ではだめなのではなかろうか。

という訳で、本日早速「地球の歩き方」を買ってきた。
#それすら今まで買っていなかったわけで。
他にもネットでちょいちょいと調べてみたところ、少しはフィジーのことが分かってきた。
なので、今日の日記のお題は標題通り
「フィジーについてのあれやこれや(歴史編)」
である。
##ここまでは長い長い前ふりでした。筆者の癖なのでどうもすみません。
ちなみに、何故「歴史編」なのかというと、最近南太平洋の歴史の本を読んでいたのと、
調べていくうちに近現代史がなかなか面白いなあ、と思ったからである。

フィジーに人が住みつきはじめたのは紀元前1300年頃とされる。
その証左となるのは、西は東南アジア島嶼部より東はトンガ・サモアまできれいな水平分布が認められるラピタ土器である。
この土器を携えて渡ってきたのは、所謂ラピタ人(東南アジアから渡ってきたオーストロネシア語を話す人々、ということ位しか明らかではないらしい。人種的にはモンゴロイドであるそうな)である。
※ここらへん、ちょいちょい調べてみましたがどうも情報が錯綜していて門外漢には理解できていません。詳しい方おられましたらご教示願います。

それからぐっと時が下り、オランダの航海探検家アベル・タスマン(タスマニア島にその名を残す)がフィジーを「発見」したのは1643年のこと。
次にこの地に辿り着いたのはかの有名なジェームズ・クックである。
しかしながら、彼は1774年に南ラウ諸島のヴァトア島に上陸したものの、フィジー全土を踏査するまでには至らなかった。

初めてフィジーの大部分を確認したのはウイリアム・ブライである。
この名前に聞き覚えはないだろうか。
そう、映画化されたことでも有名な「バウンティ号の反乱」にて放逐された船長さんである。

1787年、ブライはバウンティ号の船長に任じられた。
その航海の任務は、タヒチ島から西インド諸島へパンの木を輸送することであった。
(因みに何のためにパンの木を輸送したのかというと、西インドの奴隷の食料にするつもりだったのだそうな)

タヒチでパンの木を入手し、一路西インド諸島へ向かっていたバウンティ号にて突然水兵どもが反乱を起こしたのは1789年4月28日のことである。
原因については、ブライが乗員の飲み水よりもパンノキに与える水を優先しただとか、規律が峻厳に過ぎただとか、様々な憶測がなされているが明らかではない。
(しかしこの人、後にニューサウスウェールズの総督に任命されるのであるが、そこでも土地交付やラム酒醸造、交易などをやたらと厳しく取り締まったために「ラム酒の反乱」が起こってまたもや幽閉されるという羽目に陥っている。
その後、なんとか解放された後も、行く先々でなにかと揉め事を起こしたらしい。
彼の末路を見ると、なんとなくバウンティ号の反乱の原因がわからなくもない)

ま、そんなこんなで、この事件でブライは命こそ奪われることはなかったが、彼に味方した乗組員18名とと共に小さなボートで太平洋のど真ん中に放り出されるという憂き目をみた。
しかしながらこの一団はなかなか根性があって、えっさほっさと4000海里を48日かけて踏破(航破?)して最後にはティモール島に辿り着くのである。
この航海中、彼らはフィジーの主な島々を確認し、地図をも作成している。

彼の後、キャプテン・ウィルソンなど数人の探険家によって、全てのフィジー諸島が確認されることになる。
しかし、直接に入植、宣教師の到来といった形でヨーロッパの影響が彼の地に及ぼされるのはもう少し時が下った19世紀初頭である。


すいません。これだけ書いただけなのにもうへとへとになりました。
続きはまた後ほど書かせていただきます。
…って、もう(午前)4時前じゃん!
わー、また連休中に昼夜が逆転しちゃうよう…

| | トラックバック (0)