« プレゼント大~作戦~♪ | トップページ | 食洗機買いました。(その2) »

食洗機買いました。(その1)

とある事情があって、食洗機を買うこととなった。

家族会議で議論の後、採決を経て目出度く購入が決定したので、
某日、我が家の大蔵省、いや今では財務省の母と近所のヤ○ダ電機へと足を運んだ。

お恥ずかしながら、私もいざ購入を決めるまで知らなかったのだが、
食洗機の主力メーカーというものはどうやら東○とパナ○ニック、2社に絞られるらしい。
ふーん、と思いつつ両社の食洗機を見比べていると、店員さんが現れた。
早速母が機関銃の如く質問を浴びせかける。

「ねえねえ店員さん。
東○とナ○ョナル、ぶっちゃけどっちがお勧め?」
#母世代にとってはパナ○ニックはやはり断じてナ○ョナルなんである。

「はあ…そうですねえ。
一番大きい機種でしたら、東○の方がよく入りますよ。
中の棚もほら、東○でしたらフレキシブルに替えられますし…」

「あらそうなん。
電化製品といえばナ○ョナルと思ってたけど、そうでもないのね」

「いえ、東○も優秀ですよ」

「ふーん。
そうならこっちにしようかしら…
で、幾らになるのん?これ」

「え?」

「ほら、このお値段から幾ら引いてくれるのん?」

「は…はあ。
少々お待ち下さい」

店員さんがひっこんだのち、私は母にささやいた。

「なあお母さん。
分かってると思うけど、あの人、ヤ○ダ電機の人ちゃうで」

「えーっ?そうなん??
じゃあどこの人なんよ」

「東○の社員さん」

「えーっ?なんでわかったん?」

「だって、東○のジャンパー着てるし」
#つーか、なんで分からんねんという話である。

「えーっ??だからあの人、あんなに東○の商品押してたん?」

「当たり前やん」

「よーし。









ほなもっと値切ったろ」










流石はよろがわのみる(淀川の水)の飲んで育った母。
我が母ながら誇りに思う。

まあ、てな訳で様々な交渉や恫喝(え?)を経て、目出度く東○の食洗機が我が家にやってきたのであった。
これにて家事担当の母は楽ちんになりましたとさ。
めでたしめでたし。

…といく筈が、その後この件はぬわんと意外な展開を見せたのであった。
そは何かというと…

次回につ づ く (多分)
#ご存じのとおり、最近、「次回につづく詐欺」を多発させておりますので
念のため「多分」を付け加えさせて頂きました次第にごじゃります。

|

« プレゼント大~作戦~♪ | トップページ | 食洗機買いました。(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事